【完全版】ターミナルマルチプレクサ tmux をWindows+MSYS2+tmuxinator導入(zsh)

先日、メモを残したターミナルマルチプレクサ tmux をWindows+MSYS2+tmuxinator導入(zsh)ですが、tmuxinatorを実行しても、正常に動作してくれませんでした。

改めて、MSYS2での環境構築手順を確立したので、メモとして残しておきます。
お困りの方いらっしゃれば、ご利用ください。


改めて、tmuxを入れていきます。

・まず先に tmux をアンインストール

$ pacman -R tmux

続いて、tmuxinatorなどを入れていきます。
RubyInstaller2より、環境に合わせてダウンロードします。
インストールの最後に、
「Run ‘ridk install’ to install MYSYS2 and development toolchain」
に必ずチェックを入れて「Finish」を押しましょう

Dos画面が出るので、「3」を入力後、Enterを押します。
私は、おまけで「2」の “MSYS2 repository update” も実行しておきました。

・本命のtmuxinatorをインストール

$ gem install tmuxinator

Windowsファイアウォールの確認画面が出ると思いますので、許可してあげてください。
gemにパスが通ってない場合は、パスを通してください。

$ vim ~/.bash_profile
---以下を "export"欄の前に
PATH=$PATH:/c/Ruby24-x64/bin

シンボリックリンク

$ ln -s /c/Ruby24-x64/bin/ruby.exe /usr/bin/ruby
$ ln -s /c/Ruby24-x64/bin/gem /usr/bin/gem

・MSYS2ターミナルで、tmuxinatorをインストール

$ gem install tmuxinator

    __________________________________________________________
    ..........................................................

    Thank you for installing tmuxinator.

    Make sure that you've set these variables in your ENV:

      $EDITOR, $SHELL

    You can run `tmuxinator doctor` to make sure everything is set.
    Happy tmuxing with tmuxinator!

    ..........................................................
    __________________________________________________________

Successfully installed tmuxinator-0.9.0
Parsing documentation for tmuxinator-0.9.0
Installing ri documentation for tmuxinator-0.9.0
Done installing documentation for tmuxinator after 0 seconds
1 gem installed

・libeventをインストール

$ wget https://github.com/libevent/libevent/releases/download/release-2.0.22-stable/libevent-2.0.22-stable.tar.gz
$ tar zxf libevent-2.0.22-stable.tar.gz 
$ cd libevent-2.0.22-stable
$ ./configure --prefix=/mingw64
$ make
$ make install

・ncursesをインストール

$ wget ftp://ftp.gnu.org/gnu/ncurses/ncurses-6.0.tar.gz
$ tar zxf ncurses-6.0.tar.gz 
$ cd ncurses-6.0/
$ ./configure --prefix=/mingw64
$ make
$ make install

・最後に、tmuxをインストールします
ココは、msys2.exeの方で実行してください。

$ cd src
$ git clone https://github.com/tmux/tmux.git
$ cd tmux
$ ./autogen.sh 
$ ./configure --prefix=/mingw64 CFLAGS='-D_GNU_SOURCE'
$ make
$ make install

・最終で私の環境はこちら

$ /c/Ruby23-x64/bin/ruby -v
ruby 2.3.3p222 (2016-11-21 revision 56859) [x64-mingw32]

$ /c/Ruby23-x64/bin/gem -v
2.6.11

$ whereis tmux
tmux: /usr/bin/tmux.exe /usr/share/tmux /usr/share/man/man1/tmux.1.gz

$ whereis tmuxinator
tmuxinator: /c/Ruby23-x64/bin/tmuxinator /c/Ruby23-x64/bin/tmuxinator.bat

tmuxinatorは、環境変数のEDITORと、SHELLを利用します。
以下で確認/変更しておきましょう。

・環境変数の確認/変更

$ echo $EDITOR
$ echo $SHELL

あとは、設定ファイルで、お好きなターミナル環境にしてくださいね。

$ vim ~/.tmux.conf
$ vim ~/.tmuxinator/<<Name>>.yml