映画「手紙」

何だかホント、このブログって・・・・wwww
ロトとLinuxやプログラムなんてそっちのけですwwwww
と・・・・いうわけで、今回も脱線♪
どこまでも行っちゃう予定です^^


映画の「手紙」見てきました。
11/11に公開だったのかな・・・・????
よく分かってないですが^^;
若干、「ネタバレ」ありますので見ようと思ってる方は、本編を見た後の方がいいかもしれません^^;
内容は、両親を亡くした兄弟の話。
どういう経緯かは知りませんが(多分、事故?・・・本編で言ってた気はするけど^^;)、兄が弟の学費を稼ぐ為に、苦労して金を稼いでた・・・。運送会社で働いてて、仕事中に腰をやっちゃったようです。
力仕事で体が資本の運送業界だから、腰が使えないことで職を失って、強盗に走っちゃうんです。
ある家に忍び込んで、お金を盗んで・・・・。そこにたまたま戻ってきた家の老婦人のもみ合いみたいになって、行きがかり的に相手を殺しちゃう・・・・。
そこからの話。
裁判の結果、無期懲役。
服役してる兄は、弟の大学進学を気にしつつ、刑務所から手紙を書く。
さて、その弟なんですが、「コンビニ?」「工場」・・・・と職を転々とするんです。
結局、隠そうとしてても「兄弟に人殺しがいる」っていうレッテル貼られて、嫌がらせされたり、クビと言われたり。
でも、そんな中で「お笑い芸人」目指して、中学からコンビを組んでる友達と頑張って行く・・・。
それがTV局のプロデューサーの目に留まり、TV進出・・・・と。
この辺までにしておきます^^
最初は、自分を閉ざして心開かず、人を寄せ付けず・・・・ 目立たないようにしてるんですよね。
まぁ、想像でしか言えないけど、そう・・・・なりますよね。。。。。 きっと。。。。
そして、彼女が出来て・・・・「結婚」を意識するような流れになって・・・・
・・・・。
でも、ある人の言葉をきっかけに少しずつ自分の居場所を見つけて、うまく行くように見えた頃・・・・
・・・・。
んーーーー 「またかよ!?」って連続の境遇の中で、優しさとかを取り戻して・・・。
内容書きすぎるとヤバそうなので、ほんの触りだけを^^;
とまぁ、ホント・・・・・現実でもありそうな対応するんですよ。周りが・・・・。
でも、そんな中でも理解して、支えてくれる相手もいたりして・・・。
何気に、泣けます^^
我慢したけど、ちょっとリアルの経験がフラッシュバックしたようになって、ぽろっ!っと泣けました^^
ひさしぶりに映画で泣いたなぁ・・・・
動員数ってどのくらいか分かんないけど、時間が経つのを忘れちゃうくらい自然に見れました。
2時間だから平均的なところなんでしょうけど。
それにしても・・・・・あんな支えてくれる子が家族以外にいると、ホント助かるでしょうね。
「目」で見てて、「あーーーーわかる!!!」って感じの演技が多くて、余計なものが余り無い感じかなぁ・・・。
ちょっとベタな表現もありますけど、でも・・・見れますよー^^
それにしても・・あのメガネの子って名前なんでしたっけ??
化粧と髪型一つで変わりますねぇー。でも、なぜか「体型」までも変わったように見えたのは気のせい???
あと、見た方は分かると思いますけど、「これで終わりにしましょう・・・・」のセリフって・・・意味深では???
「終わりにする」=「嫌がらせしてた」・・・とか?????
まさかねぇ・・・・・