特定のディレクトリをWeb公開する[ httpd.conf ]の設定

自宅の開発用LinuxをVine4.0へアップグレードして、Webサーバーが Apache1からApache2へ変わってました。
ついでに、 httpd.conf の設定を行ったのでそのメモ。


Vine3.xまでは Apache1.xが標準でした。
というわけで、 httpd.conf のパスも変更になってます。

Vine 3.x 系

$sudo vim /etc/httpd/conf/httpd.conf

Vine 4.x 系

$sudo vim /etc/apache2/conf/httpd.conf

httpd.confの編集

基本的に操作するところは数箇所ですが、自分の好みもあるので以下のように変更
(行数などはコメントの挿入などでずれているので、エディターから検索してください)

...
ServerAdmin 'ここに自分のメールアドレス'    #開発用のサーバーなので無意味ですけど
...
DocumentRoot "/home/httpd/html"    #Vine3.x系の頃のディレクトリ構造のままにしてます
...
<Directory "/home/httpd/html">    #DocumentRootの設定
Options Indexes Includes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from All
</Directory>
...
<IfModule mod_userdir.c>    #ユーザーディレクトリの公開設定
UserDir enabled
UserDir public_html
</IfModule>
...
<Directory "/home/*/public_html">    #ユーザーディレクトリの設定
Options Indexes Includes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
AllowOverride All
Order allow,deny
Allow from All
</Directory>
...
AddHandler cgi-script .cgi    #CGIの設定
...
#以下、公開ディレクトリとAlias設定
Alias /devel "/home/deve/"    #/home/deve/ を /devel として公開
<Directory "/home/devel">
Options Indexes FollowSymLinks +ExecCGI Includes
AllowOverride All
Order Allow,Deny
Allow from All
</Directory>