CentOS5.6に、vim7.2をインストール

vim-refを利用するに当たって、最新版のvim7.2だと動作するらしい・・・ってことで、インストール時のメモ。

各ユーザのvimへのalias設定などは面倒なんで、個別に対応することにした。

【ソースの入手】

vim7.2のtarballを入手


$ cd /usr/local/src

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.2.tar.bz2

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-extra.tar.gz

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/extra/vim-7.2-lang.tar.gz

 

【展開】

ダウンロードしたソースを展開


$ tar jxvf vim-7.2.tar.bz2

$ tar zxvf vim-7.2-extra.tar.gz

$ tar zxvf vim-7.2-lang.tar.gz

 

【パッチの適用】

パッチを適用する


$ cd vim72

$ mkdir patches

$ cd patches

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.001-100.gz

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.101-200.gz

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.201-300.gz

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.301-400.gz

$ gunzip 7.2.*.gz

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.2/7.2.4*

$ rm 7.2.400

$ cd ..

$ cat patches/7.2.* | patch -p0

 

【コンパイル~インストール】

コンパイル後、インストール


$ ./configure --enable-multibyte --enable-xim --enable-fontset --with-features=big --enable-rubyinterp --enable-pythoninterp --prefix=/usr/local/vim-7.2 --disable-selinux

# make

# make install

 

【alias設定】

vim7.2を利用するユーザ毎に設定


$ vim ~/.bashrc

...

alias vim '/usr/local/vim-7.2/bin/vim'

 

$ vim ~/.bash_profile

...

PATH=$PATH:/usr/local/vim-7.2/bin

 

【確認】

vimを起動後、vim7.2になっていることを確認

vim-refが正常に動作することを確認(:Ref phpmanual echo など)

 

参考:http://d.hatena.ne.jp/rdera/20100503/1272903678