CPANモジュール「DateTime」を依存関係を解決してインストール

CPANモジュール「DateTime」のインストール

なぜか、コマンドですんなり入ってくれなかったので、無理やり入れた際のメモ

まずは、依存パッケージを以下から検索
CPAN dependencies

以下のようなShellを作成して、rootで実行

\#!/bin/bash
cpan Scalar::Util
cpan Test::Exception
cpan Test::Harness
cpan Test::More
cpan Sub::Uplevel
cpan Module::Build
cpan Carp
cpan DateTime::TimeZone
cpan parent
cpan ExtUtils::MakeMaker
cpan Data::Dumper
cpan File::Spec
cpan Pod::Man
cpan File::Basename
cpan Class::Load
cpan Try::Tiny
cpan Package::Stash
cpan Test::Requires
cpan Package::DeprecationManager
cpan Params::Util
cpan ExtUtils::CBuilder
cpan Sub::Install
cpan Test::Fatal
cpan Exporter
cpan List::MoreUtils
cpan Dist::CheckConflicts
cpan Sub::Exporter
cpan Data::OptList
cpan Module::Runtime
cpan Params::Classify
cpan ExtUtils::ParseXS
cpan Class::Singleton
cpan Params::Validate
cpan Attribute::Handlers
cpan DateTime::Locale
cpan Math::Round
cpan Time::Local

その後、DateTimeをインストール

$ sudo cpan DateTime

普通ならば依存関係を解決しつつインストールしてくれるものだけど、DateTimeはそうは行かないらしい。
他のパッケージを入れる際にも役立ちそうなので、メモ