githubを利用して、Linuxの.vimrcや.vimディレクトリを管理

githubを利用して、Linuxの.vimrcや.vimディレクトリを管理

表題のままなんですが、githubを利用してみたのでそのメモ。

  1. githubアカウントの作成

    githubのサインアップを行います
    今回は、無料登録しました。

  2. リポジトリの作成

    Create Repositoryのリンクから、リポジトリを作成します
    作成すると、以下のようなチュートリアルが表示されるので、参考にしつつ作業を進めます

    Global setup:
    Set up git
    git config –global user.name “user name”
    git config –global user.email email@example.com

    Next steps:
    mkdir vimscript
    cd vimscript
    git init
    touch README
    git add README
    git commit -m ‘first commit’
    git remote add origin git@github.com:username/repository.git
    git push -u origin master

    Existing Git Repo?
    cd existing_git_repo
    git remote add origin git@github.com:username/repository.git
    git push -u origin master

    Importing a Subversion Repo?
    Click here

    When you’re done:
    Continue

  3. コミットユーザ情報の設定

    チュートリアルにしたがって、コミットユーザの情報を設定します

    $ git config --global user.name "username"
    $ git config --global user.email email@example.com
    

  4. 作業ディレクトリの初期化とコミット(push)

    チュートリアルでは、READMEとなってますが、githubはMarkdown記法もサポートしているので、README.mkdを作成します
    「git add」で追加後、「git commit」でコミットになります
    また、「git push」で設定されたremoteへpushします

    $ git init
    $ touch README.mkd
    $ git add README.mkd
    $ git commit -m 'add readme'
    $ git remote add origin git@github.com:username/repository.git
    $ git push -u origin master
    

  5. ファイルの追加とpush

    リポジトリへ無事pushされていたので、順次ファイルを追加

    $ cd
    $ git add .vimrc
    $ git add .bashrc
    $ git add .bash_profile
    $ git commit -m 'add'
    $ git push -u origin master