[HowTo] CentOS5.9->CentOS6.4アップグレード手順

手順としては、大きく分けて5段階。

  • 既存のCentoS5.9のイメージをバックアップ
  • 仮想OSでCentOS6.4を準備
  • 仮想OS(CentOS6.4)に、CentOS5.9のデータをscp
  • 旧CentOS5.9をCentOS6.4へアップグレード
  • 仮想OSのバックアップデータを、新CentOS6.4へscp

以下、各手順

  • 既存のCentOSのイメージをバックアップ
    • Acronis True Image LEのBootableCDを利用して、最終のCensOS5.9のデータをフルバックアップ
    • 万一、移行(アップグレード)に失敗しても、フェイルオーバー出来るようにする為
    • バックアップ先には、外付けHDD(1TB)を利用した
  • 仮想OSでCentOS6.4を準備
    • 検証も兼ねて、既存のCentOS5.9のデータやconfが利用出来るかを確認する
    • 確認項目は多岐にわたるので、割愛
    • 取り急ぎ、sshの設定を変更する
    • インストールオプションは極力最低限に抑えた(Workstationを選択後、必要なパッケージをインストール)
  • 仮想OS(CentOS6.4)に、CentOS5.9のデータをscp
    • /home /varなどのデータで必要なものをscp
  • 旧CentOS5.9をCentOS6.4へアップグレード
    • パーティションを削除後、CentOS6.4をクリーンインストール
  • 仮想OSのバックアップデータを、新CentOS6.4へscp
    • 仮想OS上で確認が取れたものから、新CentOS6.4へデータをscp
    • 新CentOS6.4の設定は、別途記載する

以上で、CentOS5.9->CentOS6.4のアップグレードは完了です