Macでドット付きファイル(隠しファイル)を表示/非表示する2つの方法

Macの隠しファイルである、ドット付きファイルの表示/非表示の切り替え方。

.vimrcなどのコピー時などに必要になったので、メモ。

1つ目の方法は、コマンドを使う方法。


$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

$ killall Finder

Finderが再起動されて、隠しフィアルが表示されます。

 

非表示に戻す場合は。


$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

$ killall Finder

 

 

2つ目の方法は、Automatorを使う方法です。ここから、zipファイルをダウンロードします。

Show Hidden Files | Automator World

解凍すると、Show Hidden Files.appが入っています。これを、適当なディレクトリ(Applicationsとか)に置きます。実行すれば、Finderが再起動されて、隠しファイルが表示されます。非表示に戻すときは、再度実行すればOK。

 

OS固有のクセとはいえ、何だか不便に感じて仕方がない。。