Macで利用できる「MacPorts」

Macで利用できる「MacPorts」

Hackintoshも成功したので、ぼちぼちとMacをいじりはじめてます
入力の変更「かな」←→「英数」の変更と、キーボードに慣れてないのもあって、そこそこ手こずってます

vim環境をコピーするのに、gitが必要だったので、MacPortsを利用してみました
以下、そのメモです

【「MacPorts」の入手とインストール】

以下のURLから、MacPortsを入手します
ref. MacPorts
ページ内にある、「Snow Leopard」のリンクから、dmgファイルをダウンロード
パッケージになっているので、そのままマウント→インストールと続けます
インストールには、Xcodeが必要になるので、事前にインストールしておくこと

【MacPortsの利用】

利用は、以下のようなコマンドを実行します

$ sudo port install git-core
$ sudo port install subversion

上記のコマンドで、gitとsubversionがインストールされます
ちなみに、依存関係も解消してくれます

CUIに慣れてるので、もうWindowsやめようかな・・と思い始めてます