Redhat/FedoraへGoogleChromeをインストール

GoogleChromeをRHEL6、Fedora14などへインストールする方法の紹介がありました。
CentOSはまだ5.5までしか出てないので、やってみてもNGでしたが方法だけは探してみようと思います。

参考:Install Google Chrome with YUM on Fedora 14/13, Red Hat (RHEL) 6

 

方法は至って単純

専用のgoogle.repoを作ればOKそう

試しにCentOS5.5でやってみた

 

$ sudo vim /etc/yum.repos.d/google.repo

[google]
name=Google – i386
baseurl=http://dl.google.com/linux/rpm/stable/i386
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=https://dl-ssl.google.com/linux/linux_signing_key.pub
enabledは、0にしてます(便宜上)

 

$ sudo yum install google-chrome-stable –enablerepo=google

 

結果は・・・”lsbが古い!”と怒られました。

他のリポジトリからのアップデートも試してみたんですが、いずれもNGでした。

方法、もう少し探してみようかと思います。