symfon2「blogチュートリアル(1) Symfony2のダウンロードとインストール」

symfon2「blogチュートリアル(1) Symfony2のダウンロードとインストール」

blogチュートリアルでの気付き、メモなど。

【ダウンロードとインストール】

gitを利用して、vendors管理したいので、git 上で、Symfony2 プロジェクトを作成し、管理する方法を見ながら作業を進めた

Subversionリポジトリの準備

$ sudo svnadmin create /home/subversion/blog –fs-type fsfs
$ sudo chown apache:apache /home/subversion/blog

初期ディレクトリの作成

$ svn mkdir http://somewhere/repos/blog/{trunk|tags|branches}

【git-svnのインストール】

git上からSubversionを利用できる「git-svn」をインストール

$ sudo yum install git-svn –enablerepo=dag

【clone作成(リポジトリ チェックアウト)】

git svn cloneコマンドで、リポジトリをチェックアウトします

$ cd ~/public_html/repos
$ git svn clone -s http://somewhere/repos/blog blog.git

【Symfony2ソースのダウンロード】

今回は、vendorsをgit管理するので、「without vendors」を選択

$ cd /usr/local/src
$ wget http://symfony.com/download?v=Symfony_Standard_2.0.7.zip
$ unzip Symfony_Standard_2.0.7.zip
$ cp Symfony_Standard_2.0.7/* ~/public_html/repos/blog/

【vendorsソースのダウンロード】

以下のコマンドを実行すると、git submoduleとして各vendorソースがインストールされる

$ cd ~/public_html/repos/blog
$ php bin/vendors install

【app_dev.phpの変更】

デフォルトのままだと、ループバックアドレスの127.0.0.1しかアクセス制限がないので、当該部分をコメントアウト

【ページへアクセス】

ここまでの作業が終わったら、サイトへアクセス
http://ssomewhere/~user/repos/blog/web/app_dev.php

Symfony2

また、環境が正しいかどうかを以下のURLでチェック
http://ssomewhere/~user/repos/blog/web/config.php

チェック後、「CONFIGURE」リンクを押して、parameters.ini用の設定を取得する

【コミット】

git、Subversionへそれぞれコミット

$ cd ~/public_html/repos/blog
$ git add .
$ git commit -m ‘Initial commit’
$ git svn dcommit

【参考】

ref. Symfony のインストールと設定
ref. blogチュートリアル(1) Symfony2のダウンロードとインストール