vimのおすすめプラグイン(12)「ref-sources.vim」

vimのおすすめプラグイン(12)「ref-sources.vim」

英和辞典、CPAN、jqueryリファレンス、wikipediaなどがvim上から見れるプラグイン。
元々は個別のプラグインだったものをどうやらマージされた様子。

【インストール】

pathogen.vimを利用中なので、以下のコマンドでインストールします

$ cd ~/.vim
$ git submodule add git://github.com/mojako/ref-sources.vim.git bundle/ref-sources.vim.git

【jQAPIをダウンロード】

以下の手順でjQAPIをダウンロードします

$ mkdir -p ~/public_html/repos/manual/jquery
$ cd ~/public_html/repos/manual/jquery
$ wget http://jqapi.com/jqapi-latest.zip
$ unzip jqapi-lastest.zip

【設定】

.vimrcに以下を追加

$ vim ~/.vimrc
“”——————————–
” ref-sources

” @see https://github.com/mojako/ref-sources.vim
” @usage :Ref alc
” @usage :Ref wikipedia
” @usage :Ref jquery
” @usage :Ref cpan
” :Ref alcの上書き
let g:ref_alc2_overwrite_alc = 1
” jquery doc
let g:ref_jquery_doc_path = $HOME. ‘/public_html/repos/manual/jquery’
” 結果に合わせて、開かれるウインドウの縦サイズを調節します。
“let g:ref_auto_resize = 1
” wikipedia に加え、英語版で検索する為の wikipedia_en が登録されます。
let g:ref_wikipedia_lang = [‘ja’, ‘en’]
” キャッシュを有効にする
let g:ref_use_cache = 1

【利用方法】

  1. alc2(スペースアルク)

:Ref alc word

  1. cpan

:Ref cpan module

  1. jquery

:Ref jquery word

  1. wikipedia

:Ref wikipedia word

【参考】

ref. mojako / ref-sources.vim – github