vimのおすすめプラグイン(5) 「sudo.vim」

vimのおすすめプラグイン(5) 「sudo.vim」

一般ユーザセッションから、特権ユーザでファイルを編集、保存できるようにするプラグイン

具体的な利用例で行くと・・・
root権限が必要なファイルを変更後、保存・・・ができない!って時に使うプラグインです。
「あ!あるある!」って方にはおすすめです。

【インストール方法】

pathogen.vimを利用しているので、以下の方法でインストール

$ cd ~/.vim
git submodule add git://github.com/vim-scripts/sudo.vim.git bundle/vim-sudo

【利用方法】

原則として、3つのケースがあります

  1. コンソールから「sudo vim filename」するようなケース

    この場合は、以下のコマンドが対応してます

    $ vim sudo:filename

    コマンドとしては、「sudo vim filename」と等価です

  2. vimのコマンドラインから、「:e filename」するようなケース

    この場合は、vimのコマンドラインに以下を入力します

    :e sudo:filename

    このコマンドは「:!sudo vim filename」とほぼ等価です

  3. vimの既に開いているファイルをsudo.vimで開きなおすケース

    おそらくこのケースが最も使うケース
    既に開いているファイルを、特権ユーザで開きなおします
    注意点としては、既に保存されている(ファイルが存在する)のが条件です

    :e sudo:%

    「%」が実行時に現在開いているファイルパスに置き換えられます

【参考】

ref. vim-script.vim/sudo.vim github
ref. sudo.vim : 特権を持たないユーザセッションから、特権ユーザでファイルを編集、保存できるようにする