Vine Linux3.2インストールメモ

自宅ではVine4.0を使用してるんですが、Vine4系がApache2が標準なので、会社では3.2を開発機として使用してます。
Kernel関連でEth0のサービスが起動できなくなり、再セットアップした際のインストールメモ。

Vine Linux3.2インストール

パッケージを選択するのは面倒なので、「フルインストール」を選択。
あとは、パーティションの設定程度。
たまに、マウスやキーマップがおかしくなるので、その場合はコマンドラインから setup コマンドを実行する

# /usr/sbin/setup

環境設定

インストールの完了後、セットアップ。

ネットワーク設定(eth0)

インストール時にネットワーク設定をしても、ゲートウェイが空欄のままだったりするので最初にネットワーク設定。
ifconfig を利用すれば、コマンドラインからでもOK)

source.listの設定

Vine Linuxのパッケージ管理マネージャとしてある synaptic や aptコマンドを利用する場合に必要
必要に応じて、適宜変更すること

#vim /etc/apt/source.list
rpm     [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.2/$(ARCH) main devel plus updates
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 3.2/$(ARCH) main devel plus updates

何度もセットアップするようであれば、ここから先はShellスクリプトあたりでも作業可能だと思います
(特に、プロジェクト単位でサーバーを再セットアップしたり…する場合)

追加パッケージのインストール

フルインストールしただけでは、足りないものなどがあるので必要に応じてインストール。

  • PHP
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • Samba
  • lynx
  • vim
  • wget

サービスの設定

インストールが終わったら、必要に応じてサービスの起動設定など

#chkconfig __service_name__ on/off
  • apache /etc/httpd/conf/httpd.conf
  • mysql /etc/my.ini
  • postgresql /
  • php /etc/php.ini
  • samba /etc/samba/smb.conf

cron登録

cronに登録する項目などを設定

$crontab -e