Windows Vista アップグレードアドバイスツール

Vista・・・入れても特にメリット無いんですが、ちょっと最近Windowsの利用価値がほとんど無いので、ちょっとした起爆剤になれば・・・と遊びで入れてみようかと思います。
そこで、色々・・・・記事調べ。
(といっても、概要だけですが)
そこで行き着いた結論。


とりあえず、どんな画面で、どんな機能があるのか・・・なんてどーでもイイ!
その前に、今使ってるPCの仕様でOKなのか・・・・が先ですので^^
というわけで、「Windows Vista アップグレードアドバイスツール」を使えば、そのあたりがチェックできるようです。
推奨環境はホントの最低限なので、出来ればメモリ1GB以上、VRAM16MB以上・・・って感じらしいです。
デスクトップが透過ウィンドウがバンx2使われてて、ガジェットなどもデスクトップ上に表示させてるらしく・・・サイドバーかな?もあったり・・・・非常に「うるさい」画面構成みたいですね^^;;;
それに、各デバイスのドライバーの更新状況なども気になるところです・・・。
プリンターなどの外付けデバイス各種、インストール済みの各ソフトウェア・・・・。
Windows XPの時、SP2の時に経験しましたが、「予備のPCが無い」方は勢いだけでアップグレードするのはオススメ出来ません^^;
再インストール(ダウングレード)してもOKなPCがある方・・・はやってみてはいかがでしょう?
今度のVistaは4バージョンあるようですね。
また、バックアップ機能も新しくなったようです。
そして、IE7。
「それってどーなの?」的なWindowsセキュリティーも。
さて・・・いったいどういう感じなんでしょう^^
2007/1/30発売予定らしいので、正月は無理でしたwwwww
先行販売があるようですけど、多分・・・もう受付終わってますよね?w
時間がある時にでも挑戦してみようかと思います。
それにしても・・・・IE7に搭載した「タブブラウザ」。
今回実装した「ガジェット」「サイドバー」・・・・。
これって全て他のOSでは既に昔からあるものですよね^^;;
Windows XPがMac OS10を模倣したデザインだ!って言われてましたけど、今回はLinuxを意識したんでしょうか?w
何となくKDEやGnomeあたりのデスクトップレイアウトにそっくりでしたwwwwww
ついにMicrosoftもネタ切れみたいですね^^