VMWareServerを軽くハック

基本的にLinuxのディストリビューションを選ぶ場合、日本語環境が整ってる為VineLinuxを使ってますが、業務上他のディストリビューションや、ベータ版の評価をしたいことも。
以前からやれれば・・・と思ってた仮想OSなんですが、最近少し手が空いた時に調べる機会が出てきたのでそのメモ。(というより、課題・・・)


仮想OSについて、大雑把に調べた感じではVMWareがやはり一歩先?という印象。
もともと各OSに付属しているXenで同一OS上でもう1つ・・・ってやり方も出来るらしいんですが、これでは評価やテスト環境を作るのにはあんまり適してなかったり。
MicrosoftのVirtualPCでも行けそうではあるんですが、Linuxのサポートがまだ予定段階らしい。
ってことで、VMWareが無料ってこともありこちらを採用。
色々調べながら・・・っていうのも楽しくはあるんですが、なかなか思い通りには行きませんでした。
ホストOSにVineLinux4.1を入れているのが原因なのか、VMWareServerの設定なのか、ゲストOS側やハード面での問題なのか・・・。
この辺りのノウハウも限られた環境では多いんですが、ホストOSも様々、それにゲストOSや仮想化ソフトまで全く同じ・・・という情報はやはり少ない。
今後色んなOSの仮想化をやってみようとも思うので、少しずつメモを残していこうと思います。
(メモ残す暇があるのかどうか・・・だったりもしますが)